ヘアオイルの使い方を見直してみよう!

ヘアオイルと髪の上手な付き合い方♪

毛先にブラシ 最近女性を中心に流行しているヘアオイル。その中でも各社いろいろな製品が発売されていますが、ベタベタしたり使い方がいまいちよく分からなかったり、上手に使いこなせないという人も多いのではないでしょうか?

せっかく買ったのに使わないまま置いてある…。そんなヘアオイルをもう一度復活させてあげてください!うまく使えばパサついた髪も傷んだ髪も蘇ってくれるかもしれません♪

ヘアオイルを使う時のポイント!


ケアオイルを少量手に出して、手の平にのばし両手で髪の内側から揉み込むように馴染ませていきましょう。

ヘアオイルの使い方のおさらい


①優しく揉むようによくヘアオイルを髪の内側から馴染ませること
②毛先全体に馴染ませること
③手に余ったオイルで髪表面に馴染ませること

この3ステップを守ってケアしてみてください。先に髪の表面からにつけていたり、毛先に大量のヘアオイルがついてしまったりすると、失敗しがちなベタベタヘアになりがちです。
しっかりと髪の内側から揉みこむように馴染ませることが、キレイなツヤのある髪に仕上がるポイント。

そのヘアオイルは自分に合っている?


せっかく買ったのに、手がのびないで使っていないヘアオイルって、本能的に合っていないと感じているのかもしれません。ヘアオイルに配合されている香料や成分が体質に合わないという場合もあります。どれだけオーガニックをうたっている良い製品であっても、合う、合わないは体質によるので、かぶれるなどトラブルがある場合は使用することはやめましょう。

また、ヘアオイルはだんだん酸化していくので長期間使っていないものは使わないようにしましょう。

ヘアオイルの活用方法として、お手持ちのコンディショナーやトリートメントに1~2滴混ぜて使うという裏技もあります!トリートメントを出して、そこにオイルをたらして混ぜるだけ。
あとはいつものように使うだけの簡単な方法ですが、個人的にはおすすめです。

最近乾燥してパサパサしてきたという時などに使用すると、効き目を実感することができるかもしれません。ヘアオイルと上手に付き合って美髪を手に入れたいものですね♪

↑ PAGE TOP